いいお葬式 京都日葬|京都 葬儀・葬式・家族葬・一日葬|京都市|長岡京市|亀岡市|宇治市|城陽市

いいお葬式 京都日葬|京都 葬儀・葬式・家族葬・火葬式・一日葬

葬儀の用語・豆知識

掉尾(とうび又はちょうび)

物事が最後になって勢いが盛んになること。

菩提寺(ぼだいじ)

菩提寺があるということは簡単に言えばお寺の墓地に自分の家族、又は一族のお墓があるか、霊園だが供養してくれるお寺の僧侶がいるということで別の言い方をすれば○○寺の檀家であるということです。

末期の水(まつごのみず)

臨終に際しておこなわれる儀式で生涯最後の水という意味で、末期の水、又は死に水といい故郷の水の霊力によって故人の霊魂をこの世につなぎとめようとする魂呼び(たまよび)と、故人があの世で渇きに苦しめられないように願うためという風習の名残りだとされており血縁の近い順におこなうのが普通です。

神棚封じ(かみだなふうじ)

臨終に際して神棚がある場合は、神棚の戸を閉め白紙をはり、神棚封じをします。これは死のけがれが家族にも及ばないよう不幸がもたらされないようにという意味でおこなうものです。

遺体を清める=湯灌(ゆかん)

沐浴(もくよく)ともいい、故人を温湯で洗い清める葬送の儀礼。かつては、水を先に湯をあとから入れる”逆さ水”方法でぬるま湯をつくり、全身を洗い清めていましたが、現在では防腐・防臭のため遺体をアルコールでふき清めて、汚物が出ないように鼻・耳・肛門などに脱脂綿をつめるだけというのが多くなっています。

死装束(しにしょうぞく)

故人を清めたあとに着せる衣服のことをいいますが、これは死者があの世へ旅立つための旅支度をすることで死装束「死に出立ち(いでたち)」と言い、そのため亡くなった命日を「立ち日」と言います。
 死装束には経帷子(きょうかたびら)を男女問わず左前に着せ、額には三角の頭巾、手足に手甲(てこう)・脚半(きゃはん)をつけ、白たびとわらぞうりをはかせ、六文銭の入ったずた袋を首からさげ、手に数珠をもたせるのが一般的でしたが、現在では略装にすることが多くなり、浴衣や故人が好んだ衣服を着せ、その上に葬儀社が用意した経帷子をかけることが多くなっています。

北枕(きたまくら)

お釈迦様が亡くなられたとき、頭を北に顔を西に右脇を下にされた姿で亡くなられその姿にあやかるためだと言われています。どうしても北枕にできないときは西枕でもよいとされています。

枕経(まくらきょう)

「まくらつとめ」とも言い、遺体を自宅又は式場に安置した後、通夜までの間に僧侶に読経してもらいます。このお経によって故人は成仏するといわれています。この時、遺族は地味な服装でもよくまだ喪服を着る必要はありません。

枕飾り(まくらかざり)

枕経を上げるために準備するのが枕飾りです。故人の枕元に白木や白い布をかぶせた机を置き、その上に燭台(しょくだい)【ローソク立て】香炉(こうろ)【お線香立て】花瓶【一輪挿し】の三具足(みつぐそく)や、コップに入れた水・枕団子・枕飯【一膳飯】等を飾ります。
 一膳飯を飾る場合は、故人が生前使用していた茶碗を使います。また、一般的に浄土真宗は水・鈴・枕飯は飾りません。

法名(ほうみょう)・戒名(かいみょう)

人は亡くなると仏の弟子になるという意味で付けられる名前のことで生前にいただいている人もいます。浄土真宗では「法名」(ほうみょう)と言いますが、天台宗・真言宗等では「戒名」(かいみょう)と言い、日蓮宗では「法号」(ほうごう)と言います。

通夜(つや)

通夜は故人と縁の深かった人が集まり故人に別れを告げ冥福を祈るためにおこなうもので、かつては徹夜で付き添っていましたが現在は半通夜(午後6時・7時から2時間程度)が一般的になっています。

通夜ぶるまい(つやぶるまい)

弔問客に対するお礼とお清めの意味で設けられたふるまい席。

密葬(みっそう)

密葬は遺族・近親者を主体にした身内だけでおこなう葬儀のことを言います。

供物・供花・樒(くもつ・くげ・しきみ)

霊前に供えて故人の霊をなぐさめるための品物や花を供物・供花といい、玄関先に並べるモクレン科の常緑小高木のものをしきみ(しきび)と言います。
 供花は出棺の際に入れる「別れ花」に使用します。
しきみは、長い板状の板しきみを玄関に並べるのが一般的です。

門前提灯・提灯台(もんぜんちょうちん・ちょうちんだい)

提灯は本来、夜間の闇路目印とする照明器具ですが、白い提灯を用いることで魔よけの意味があり、新しい仏を護るという願いがこめられていると言います。

葬儀に必要な役柄・世話役

喪主・葬儀委員長(世話役代表)・世話役(受付係・会計係・進行係・台所係等)の係りが必要になります。通常各係りは、世話役代表の指示に従ってそれぞれ親戚・近所の人や友人・知人にお願いしますが、無理な場合は葬儀社に前もって相談しておくとよいでしょう。

弔辞(ちょうじ)

故人の冥福を祈り、友人・知人・職場の方等故人と親しかった人が、参列者を代表して故人に別れを告げ、残された人々を慰めるためにおこなうもので3分程度の長さ(400字詰め原稿用紙で約2〜3枚)が適当とされています。
 弔辞拝受で霊前に捧げられその後は遺族が弔辞を保存します。

抹香(まっこう)

しきみの葉を乾燥させて粉にしたものを言い、焼香をあげるときに使用します。

葬儀と告別式の違い

葬儀は、遺族・近親者が故人をあの世へ送り成仏させる儀式ですが、告別式は故人と生前付き合いのあった人たちが最後の別れを告げるものです。
 現在は、一緒におこなう方式が多くなっています。

お布施(ふせ)と心づけ

お布施は、お寺や僧侶に渡す礼金のことで、枕経・通夜経・仏名料等を含め不祝儀袋、又は白い封筒に墨で表書きを”御布施”と書いて渡しますが、場所によっては御車代やお膳代をその都度、白い封筒に御車代もしくはお膳代と書いて渡すことがあります。
 心づけは僧侶以外で、送迎用車の運転手等、葬儀時お世話になる人へ渡す礼金で、白い封筒に薄墨で表書きを”志”と書いて渡します。

会葬礼状(かいそうれいじょう)と礼状(れいじょう)

会葬礼状は参列者全員に出す(渡す)お礼の挨拶状で、礼状は弔問にこられず弔電を打ってくださった方や、香典や供物を届けてくださった方にお礼の言葉を述べて出すものを言います。

還骨勤行(かんこつごんぎょう)

お骨迎えで家に遺骨が戻ってきたとき、お骨迎えのお経をあげていただき葬儀を締めくくる儀式のことを還骨勤行と言います。

後飾り祭壇

遺骨・位牌は四十九日の忌明けまで仏壇に入れないため、それまでの間、火葬場から戻ってきた遺骨・位牌を安置するための祭壇を”あと飾り祭壇”と言います。
これは中陰壇(ちゅういんだん)とも言われ忌明けまでに弔問にこられた方はこの祭壇にお参りします。

精進落とし(しょうじんおとし)

僧侶をはじめ葬儀でお世話になった人に感謝の気持ちを表すための会食の場。

満中陰の法要(まんちゅういんのほうよう)

亡くなられた前日から数えて七日目を初七日とし、七日ごとに法要をおこない七回目(四十九日)を忌明けとし中陰が満了する法要ということから満中陰の法要と言われます。
 満中陰の法要を繰り上げて三十五日におこなうこともあります。

満中陰志(まんちゅういんし)

香典返しのことを奈良では満中陰の志と言います。奈良県では、満中陰の志をしないのが一般的に多くなっています。

075-811-4242

京都での葬儀・葬式・家族葬・直葬のご依頼、故人のお迎え・搬送のご相談・お見積りは24時間対応。お急ぎの場合やお時間に余裕がない場合でもすぐに対応いたします。

お問い合わせフォーム
トップページお客様へのお約束事前相談のご案内ご葬儀プランホール・会館のご案内会社概要資料請求・ご相談お急ぎの方へ
わかりやすい費用対応エリアワンテラス京都円町安置場所・ご寺院紹介実際の葬儀事例お客様の声お得な会員制度もしもクラブ
九谷田拓司のコラム京都日葬ブログ万が一の準備葬儀の流れ葬儀後のこと葬儀の用語・豆知識